木村定男の世界展と原画鉄道721

Category: コメント(4)

嘉麻市立織田廣喜美術館で開催されている「夢を運ぶ鉄道画の巨匠 木村定男の世界展」へ行ってきました。

7/19~7/21だけは「原画鉄道721」という美術館の中にプラレールが敷設され、持ち込み車両を走らせることが出来るイベント!?がありました。
子供がプラレールで遊んでる間にメインの「木村定男の世界展」を鑑賞してました。

odabi0.jpg

迫力ある蒸気機関車の絵が多かったですが、私は電車特急・ブルートレインの方がワクワク感がありました。
やはり魅惑のボンネット型と寝台特急電車ですな。ここだけは何度も見て回りました。撮影禁止なので当然写真はありません。そしてしっかりと頭に焼き付けてきました。8月末までやってるからまた行こうかなぁ。

で、息子はプラレール博で買った0系新幹線を走らせております。実は20日と21日と連続で来てます(笑)

odabi2.jpg

初めて織田廣喜美術館に来たんですが、いつもは静かな場所なんやろうなというのは雰囲気から想像できます。
しかし、この日だけは子供たちがワーワー言いながら超ロングコースのプラレールで遊んでます。なんか不思議な光景でした。

odabi1.jpg

結構長い距離を走るので大人でも面白かったです。なかなかこんな長距離を走らせることは無いからねぇ。

odabi4.jpg

↓自動発車させたいけれど、距離が長くなかなか接続列車が来ないので、イラッとしてる坊っちゃん(笑)

odabi3.jpg

本人は確か本物の0系新幹線を見たことが無いハズ!?(あ、那珂川で先頭車両だけ見たか)だが、えらくお気に入りの様子。
新型車の方が子供ウケすると思うんだが......。

odabi5.jpg

« プラレール博 in KITAKYUSHU | メイン | バスは1日1度来る»

コメント(4)

>ミジンコさん
こちらこそ、お知らせありがとうございました。
見事なレイアウトでしたね。うちの子もまたしたいと言ってました。

お、次の熊ヶ畑はアドバンス登場ですか!楽しみですねぇ。

実はプラレール博で実物を初めて見ました。
いい加減なレールの繋ぎ方だと脱線しやすそうですね。しかし、よく出来てますねアレ。

ご来場ありがとうございました。
プラレールコーナーの内、複線レール区間と高架部分と複々線部分は私の家からの参加でした。
私はプラレールコーナー初日と最終日に自前の車両を持って走らせていました( ̄▽ ̄;)
担当者の方からお話を頂いて参加させて頂きましたが機会があったらまた同じようにプラレールを設置してプラレールコーナーをされたいと仰ってました。

10月のトロッコフェスタではプラレールアドバンスが初出展の予定です。

>ちゃりさん
オダビのプラレールイベントは、7/19~7/21のみ「原画鉄道721」として開催されました。企画展は8月末までですが、プラレールはやってないと思います。

織田廣喜美術館行こう行こうとは思ってましたが、プラレールもあるんですねニヤリ
子供連れてE7系6両編成持っていきましょうかね

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

Recent Comments

Recent Entries

Calendar

購読する FEED