千鳥の瞳

Category:雑記 コメント(6)

飯塚では「筑前いいづか雛(ひいな)のまつり」が行われており、色んな場所でひな人形が飾られています。その会場のひとつに、チロリアン、千鳥饅頭でおなじみの千鳥屋本家飯塚本店があります。ひな人形は店の裏の趣きのある木造建屋の二階で展示されていました。なかなか入る機会のない所なのでワクワクでした。
色んなひな人形を見ていると、ふと嫁が襖や袋棚の引き手の形が千鳥になっているのに気がつきました。

chidori_01.jpg

あ、ホントやん。

chidori_02.jpg

おぉ、さすが千鳥屋!この発想は無かった。
施主の希望なのか、当時の職人のセンスなのかは分からんけど、これはイイ!

chidori_03.jpg

で、よーく見てみると、なんと!目がありました。

chidori_04.jpg

ほらね。

chidori_05.jpg

最初は傷かと思ったけど、他のも見たら同じように目があった。
最初に見た袋棚のやつにも。

chidori_06.jpg

これは部屋にいた説明係の(たぶん千鳥屋の)お姉さんも知らなかったようで驚いてました。

他にもこんなアンティークな照明にも・・・

chidori_07.jpg

しっかり千鳥が飛んでます。

chidori_08.jpg

私はひな人形よりも千鳥デザインの発見で大満足でした。あと、撮り忘れましたが、昔の飯塚駅・新飯塚駅の国鉄・バス時刻表も保存してあり、こちらも垂涎モノでした。
麻生大浦荘のように入れる日が少ないそうなので、このチャンスに見学されてみてはいかがですか?

« 宮田線跡(勝野〜磯光間) | メイン | 何からすればいいかいな»

コメント(6)

>blue fieldさん
その辺は嫁がしっかり見つけておりました。今年もかざってましたよ。えーとこはモノが違いますな・・。
ご存知の通り、鯰田駅は連日観察中です。最後まで見届けたいと思います。

こんばんわ。
ひな人形もよく見ると器や着物の家紋にも千鳥がいるんですよ~。
と、言っても今年は行っていないので展示されていたかは不明ですが・・。
鯰田駅取り壊されちゃいましたね・・。

>べーやんさん
雛まつりは毎年やってます。会場が何ヶ所かあるので、てれてれ歩きながら見れますよ。

父の実家が近所なので、よく前を通っていたのですが
店舗にも(私は)一度も入ったことないです(汗)

へぇー、ひな祭りは毎年、行なわれているのですか?

>ちくまえ。さん
千鳥や波千鳥などは日本の伝統紋様のひとつなので「このデザイン、しゃれとんしゃー。うちの饅頭に採用!」って感じで決まってたりして。
ひよこも千鳥饅頭も子供の時は食べてたんですが、今は皮しか食べきらんです。それよりもやっぱり、チロリ饅頭、いや、チロリアンですよ(笑)

着眼点が!(^ ^)

このデザインってお菓子から先なんでしょうか?
それとも家具とかのデザインで気に入ったから使った??
いずれにせよ特注でしょうから財が有る家は違いますな。

ちなみに同じ饅頭つながりで来週の『ナイトシャッフル』の
境界人間は『ひよこ』ですばい(笑)

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

Recent Comments

Recent Entries

Calendar

購読する FEED