大力バス停・転回場跡

Category:バス停跡 コメント(2)

国道322号線の八丁峠の麓に「大力」というバス停がありました。
古い路線図によると、10番/飯塚〜大隈・26番/碓井天道線の2路線が発着していたようです。
現在は嘉穂町バスから引き継いだ嘉麻市のバスが運行されています。

nnr_riki1.jpg

バス停の奥に見えている空き地が転回場跡。西鉄杭は見当たりませんでした。

nnr_riki2.jpg

転回場の前には個人商店があるんですが、その庇に隠れて↓が残っていました。

nnr_riki3.jpg

西鉄バスが走っていた証ですね。古い割には、なかなか状態が良いんじゃないでしょうか。

« 穂波高田口バス停・転回場跡 | メイン | やっと間近で見れた»

コメント(2)

>ちくまえ。さん
昔はバス停前に商店がある所でよく見かけたんですがねぇ・・。

気動車区・・・バス停名はまだそのままですが、
最近はマックスバリュが建設中で、いよいよ空き地が無くなってきました。
「新入パワータウン前」とかになりそうな悪寒・・いや予感(汗)

バス関係は本業(笑)じゃないので、適当にやらせてもらいます(笑)
本腰入れて「重荷バス」にならないようしますね。

今この楕円形看板も見なくなりましたね。
バス停って時代とともに停留所名も変わるからその時撮っておかないと悔しい思いをします(稲築警察署とか)
直方の気動車区(新入)も跡地が商業地になったのでそろそろ変わるかもしれません。


この『主にバスコーナー(オムニバス)』も廃線と同じくらい発展しそうな予感(^ ^)
微力ながら何か見つけたら通報させていただきます。


コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

Recent Comments

Recent Entries

Calendar

購読する FEED