貝島炭鉱専用鉄道跡(筑前宮田駅跡〜犬鳴川付近)

Category:廃線・未成線 コメント(2)

先日UPした「宮田線・筑前宮田駅跡で」の翌日にまた探索してきました。
筑前宮田駅構内から残っている貝島炭鉱専用鉄道跡の確認です。
六坑に向かって構内を飛び出してすぐのところに橋台跡が1基残っています。

kai6-1.jpg

↓橋台から筑前宮田駅構内方向を見たところ。合成が変でスマソ・・

kai6-2.jpg

↓ちょっと引いて見たところ。左の盛土が六坑へ続く線路跡。右に橋台。

kai6-3.jpg

ここから八木山川橋梁跡まで線路跡が続きます。途中にある避溢橋?の橋脚もありました。
↓八木山川の右岸の橋台から筑前宮田側方向を見たところ。砂利道が線路跡。

kai6-4.jpg

↓同じ場所から六坑側を見たところ。橋台跡が残っています。

kai6-5.jpg

ここにはトラス橋が架かっていたようです。「貝島 トラス」でgoogle画像検索すると一発で出てきますよ。
↓上流側から全体を見たところ。

kai6-6.jpg

ココから先は県道をオーバークロスしていた所の先まで道路になっています。
前は橋台・橋脚が残っていた犬鳴川の橋梁跡が道路橋になって久しいです。

kai6-7.jpg

↓2001年はこんな感じでした。ちょうど工事が始まった頃だったかな。

kai6-7-2.jpg

その先にも2スパンのコンクリート橋がありましたが、ここも道路橋になっています。
その橋銘板のひとつに道路名がありました。「勝野長井鶴線」

kai6-8.jpg

ん?筑前宮田駅構内をぶっちぎる道路工事の看板にも「勝野長井鶴線」ってあったぞ。

kai6-9.jpg

ということは、八木山川を渡って筑前宮田駅へ続く線路跡も道路になってしまうかもしれんってことですか!?これは今後の動きをチェックせねばなりませんな。

« 廃線とひまわり@熊ヶ畑 | メイン | 絶景の高千穂橋梁»

コメント(2)

>ちくまえ。さん
私もトラス橋の写真を見つけたときはニヤニヤしてました(笑)
ここ数年、人生の諸先輩方が蒸気機関車末期に撮影された写真をネットで見る機会が増えました。
白黒写真が多い中、やはりカラーは新鮮ですね。

6枚目の位置の背後にある、露天坑方面にむかっているた斜めの橋台も残ってましたよ。
分岐してすぐ、線路跡に沿ってあったお屋敷は無くなってました。

探索乙です、トラスの橋は感動しました。
そんな大昔じゃないけど既にかなり変ってしまいましたねぇ..

私も5枚目の奥から分岐して迂回後露天坑方面に向かってた
専用線跡がどーなってるか興味が沸いてきました。

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

Recent Comments

Recent Entries

Calendar

購読する FEED