レンガスキーの最近のブログ記事

遺構へ行こう【室木線】

Category:廃線・未成線 コメント(2)

今頃更新?シリーズの最後です(汗)
またまた年明けに探索したやつですが・・・室木線跡の探索を「遺構へ行こう」にUPしました。
特別、目新しいものはありませんが・・・

http://otchee.com/railroad/muroki201601/muroki201601.html

http://otchee.com/railroad/muroki201601/muroki201601.html

福岡県内が大幅に更新されたグーグルストリートビュー。
いろんな使い方がありますが、レンガスキーとしては煉瓦製の鉄道構造物を見ない訳にはいきません。
現地に足を運ばなくても、ある程度(笑)見学出来ます。
なぜ?そんな所走る?みたいなのもあり、なかなか楽しめます。
ストビューの車は何回かすれ違いましたが、天井に全方向撮れるカメラが付いてるので目立ちます。
あのカメラって昇降可能なんでしょうか? 高さ制限のある煉瓦橋梁を通過してる所もあれば、避けてる所もあり・・。

筑豊本線
●新入橋梁/http://goo.gl/maps/1ITT5
●若宮川橋梁手前付近/http://goo.gl/maps/fEIwI(旧線跡)

鹿児島本線
●延命寺架道橋/http://goo.gl/maps/MSF3Q
●立屋敷橋梁/http://goo.gl/maps/691rY(旧線跡)
●土力橋梁/http://goo.gl/maps/54bHI
●谷橋梁/http://goo.gl/maps/s3xh8
●石松橋梁/http://goo.gl/maps/zo3wK(内部奥のアーチは城山越えの旧線跡)
●床田橋梁/http://goo.gl/maps/A2iLV
●長町橋梁/http://goo.gl/maps/ondyf
●長町第一橋梁/http://goo.gl/maps/UkGFV
●室口橋梁/http://goo.gl/maps/mHclm
●刈目川橋梁/http://goo.gl/maps/Wgs78

大蔵線
●尾倉橋梁跡/http://goo.gl/maps/L6jzc

香椎線
●浜男第4号橋梁/http://goo.gl/maps/cN1OC

日豊本線(名称がわからんのばかりでスンマセン・守備範囲じゃないので・・・)
安部山公園〜
●不明/http://goo.gl/maps/KJdQW
●不明/http://goo.gl/maps/814qP
行橋〜
●第2大橋橋梁/http://goo.gl/maps/DDrJh
南行橋〜
●不明/http://goo.gl/maps/hPtM0
●不明/http://goo.gl/maps/EVSAa

他にもあるかもよ。

鯰田炭坑貨物支線橋台跡

Category:廃線・未成線 コメント(2)

namazuta1.jpg

幼少時代に何度も車窓から見た、鯰田炭坑貨物支線の橋台跡。鯰田炭坑駅側の煉瓦橋台はかなり前に無くなってしまったけど、本線のすぐ横にあった鯰田駅側の橋台は不明なままやった。必ずあの薮の中に何か残ってるはず・・・・そう思って何年経ったやろう・・・。上の写真は右側が鯰田駅です。

いつだったか、博多行電車に揺られてボーッと支線跡を脳内トレースしていたら、怪しげな構造物が目に入ってきました。一瞬だったので確認する間もありませんでした。これはリベンジすべしと、子供たちと大回り乗車した時に凝視してみたら、なんと橋台跡でした! しかもコンクリート+煉瓦ですぜ。たまたま線路脇の草が刈られており、さらにいつかの積雪の影響で枯れ草がダウンしてたのもあって、今までにない見やすさになっていました。

上り列車からは確認出来ないので、下り列車に乗って、以下の目印を参考にしてください。
全神経を集中させて、刮目せよ!!

namazuta2.jpg

「橋台跡はココ」が被って見えるのは、位置関係の参考のため。
あ、今からモジャるので見えなくなるかもしれません・・・・

鯰田炭坑駅は、その名の通り「鯰田炭鉱」まで、鯰田駅から延びていた貨物支線の貨物駅です。鯰田〜鯰田炭坑間の距離は、40C≒804m(T10・鉄道省鉄道統計資料/停車場変遷大事典でも 0.5M≒804m)。営業期間は、1909年1月1日〜1945年6月10日。1945年からは鯰田駅に併合され構内として存続していました。おそらく炭鉱閉山まで使用されていたと思いますが、詳細な廃止日はわかりません。

Recent Comments

Calendar

購読する FEED