2011年12月アーカイブ

西鉄の古い路線図@嘉飯山

Category:西鉄バス コメント(2)

今から7年前の今日、2004年12月29日。何をしていたかと言うと、倫堕さんと一緒に嘉穂信号場の探索をしていました。確か、忘年会の昼の部だったような・・・。大隈駅跡から信号場へ向かって歩いている途中、歩道に西鉄の古い路線案内図がありました。場所的には「嘉穂工業高校」バス停辺りか? もうボロボロで板面は折れて90度回転してるし、案内板としての原形を留めてなかったんですが、とりあえず記念にと撮影してました。(画像フォルダにたまたま残ってた)

nnr_rosenzu00.jpg

この時は、上山田線も漆生線も現役の頃だって感じで喜んで、バス路線自体は「割とどうでもよい」と感じていました(汗) あれから7年。昨今の西鉄バス閑散路線撤退に伴う、バス停跡の増加。どことなく鉄道廃線と同じ匂いを感じ、前に大隈で見た昔の路線図ってまだどこかにないかな? と思っていたら、探せばあるもんですねぇ。

R201の「九工大入口」バス停(昔の「二瀬支所」バス停ですね)にありました。

nnr_rosenzu2.jpg

ここのは雨ざらしのため劣化が激しく、路線図を囲んでいる広告は文字が消えています。左側の全体図も辛うじて文字が読める程度。右側の路線図はスミ文字がハッキリ読めるので、探索材料的には十分です。カラー刷り部分は退色してますが。

バス待合所跡を探す=路線図ももしかしたら残ってる? と勝手に信じて(笑)探していたら、
現役路線の待合所に残っている所がありました。
「上三緒団地口」バス停。

nnr_rosenzu0.jpg

ここのは汚れはそこそこありますが、直射日光や雨を凌げる待合所内にあるのため状態が良いです。

nnr_rosenzu1.jpg

で、何年頃のものなのか考察してみました。左側の地図には、上山田線・漆生線・宮田線・添田線・室木線が掲載されています。添田線・室木線があるということは、1985年3月31日よりも前なのは確実ですね。

nnr_rosenzu3.jpg

さらに嘉穂高が移転後(移転前は今のコスモスコモン)の潤野にあるので、1981年以降であると考えられます。

nnr_rosenzu4.jpg

ということは、この路線図は1981年3月〜1985年3月の間のものと考えられますね。
路線図内の営業所の市外局番は5桁。周りを囲む広告の市内局番は4桁。広告は設置以降も更新されているようです。飯塚の市外局番が「09482」から「0948」に変わったのって、いつでしたっけ?

上安恒バス停跡

Category:バス停跡 コメント(2)

バス停跡と言っても、元からポールだけしか無かった場所は、路線が廃止されて撤去されると、何も残りません。なので、昔の道路地図や路線図から想像するしかありません。道路のバスベイがあるところはなんとなく想像出来るんですが・・・。
その中でも、ひと際目立ち、探索するきっかけになったのが・・・

nnr_yasutsune1.jpg

このタイプのバス待合所。一目見て、あ、バス停やな。ってわかりますね。
この手の待合所は市街地からちょっと離れたバス停でよく見かけた気がします。
素材も木、コンクリートブロック、アルミ、鋼製と多種多様。
最近、何故かコイツが無性に気になって気になって仕方がありません(汗) バス待合所フェチやね(笑)

この路線(弁分経由大分坑線)、西鉄バス撤退後は市のコミュニティバスが新しいバス停を建てています。

nnr_yasutsune2.jpg

出た! 屋外広告の定番「大木切ります!」(笑) 「マルフク」があれば完璧!?

この待合所の中には、しっかりと西鉄時代の物が残されています。

nnr_yasutsune3.jpg

バス停跡シリーズは、基本的に待合所跡萌えで進行します。

西鉄バス停跡を行く

Category:西鉄バス コメント(2)

かなり前から気になる存在で、最近になって本腰を入れつつある!?(笑)ものが・・・
筑豊周辺エリアのバス停跡探索
鉄道廃線はどうした!とお叱りをうけそうですが・・・華麗にスルーします(ウソです)

バス停といっても、筑豊では西鉄か国鉄バ・・・いやJRバスしかありません。
ここ数年で次々と路線が廃止されていった感じですね。
そして、廃止されたルートがコミュニティバス路線化してるところが殆どじゃないでしょうか。

私はバスヲタではないので、詳しい事情、車両のこととかはわかりませんが、廃止されたバス停には何故かとても魅力を感じます。鉄道廃線とどこか通じる点があるんでしょうね。大学時代、単身福岡に戻ってきた際、バス路線図付き福岡県道路地図を持って原付でウロウロしてたので、大概のバス路線道路は通っているハズです。

いつまで続くか分かりませんが、「西鉄バス停跡を行く」シリーズスタートです。

さて、ここはどこでしょう?

nnr_daibu1.jpg

そこそこ広い空き地に西鉄の用地杭が数本残っています。道路との間にはフェンスが建てられています。
答えは・・・

nnr_daibu2.jpg

「大分抗」・・・ん、何かに抵抗でもしてる? 正しくは「大分坑」じゃろ?

nnr_daibu3.jpg

西鉄路線廃止後に市のコミュニティバスが通るようなったので、このようなバス停が設置されているんですが、何か非常に残念なバス停になってますな・・・。単純な校正ミスなんやろうか? 担当者・制作者・出力者、誰も気が付かんかったんやろか? まぁ、炭鉱自体が無くなって相当年数が経ってますから、「大分坑」を知らない世代が多いのは当然でしょうね。まさか、明治坑は「明治抗」になってないよね!?(笑)

路線図アーカイブ/2

Category:北九州市営バス コメント(2)

なんかハマってしまって、近年のやつを中心に Internet archive から引っ張り出して作っちゃいました。
先日のPDFに、S50年代初期・平成18年・平成20年・平成21年を追加しました。
昭和50年代後期から平成にかけて、こまごまと路線が増えていってたと思いますが、
先日もお話したように北九州を離れていたので、よく分かりません。
コアなファンや当時の利用者からの情報を求ム。

siei.gif

PDFは↓こちらから。
http://otchee.com/siei/kitaQ_rosenzu_0_2.pdf


情報は某巨大掲示板からですが・・・
YouTubeのとある動画に大変懐かしい車輌が出てました。(2分26秒〜)
これに乗って黒崎に行くのが楽しみでした。
※音が出るので注意!!

4分0秒からも懐かしい色の連接車が。

路線図アーカイブ

Category:北九州市営バス コメント(10)

6208.jpg

6208@折尾(2004年)

実は小学生の頃、北九州市営バスヲタでした。
一番身近な交通機関が市営バスだったからでしょう。どこへ行くにも市営バスでした。
と言っても、折尾・黒崎・芦屋エリアオンリーでしたが・・・。それでもわざわざマイナーな路線に乗りに行ったり、自転車で見に行ったりしてました。チラシの裏に路線図書いたり、方向幕が特に好きで、ヒマさえあれば手書きの方向幕を作ってました。変な小学生でした(笑)
ま、オトナになっても、2000年ぐらいにこんなデジタル方向幕作って遊んでましたけど(汗)

交通局のサイトを見てたら路線図のPDFがあったので、ダウンロードしてじっくり見てました。前はgif画像だったような。私が住んでた頃に比べてかなり変わってるよなぁ・・・・。これを元にして昔の路線図作ったら面白いかも・・・ニヤリ☆

で、とりあえず作ってみました(汗)

kitaq_rosen1980.gif

そして、希少な(笑)市営バスヲタ様の参考資料になればと思い、しれっとPDFをうpしときます。
昭和40年代中期・昭和50年代中期・平成13年・平成14年・平成23年と5枚1セットになってます。

http://otchee.com/siei/kitaQ_rosenzu_0_1.pdf

私が福岡を離れていた、昭和末期〜平成初期あたりだけ空白時期があります。
この間に結構路線を新設してたみたいですね。
ここが間違っちょーっちゃ、この路線はこっちっちゃ、などなど修正点があればコメント下さいませ。

Recent Comments

Calendar

購読する FEED