先日、宮若市石炭記念館で開かれている「貝島炭礦専用鉄道」写真展に行ってきました。
miyada_20161123_01.jpg

写真の殆どが「けむりプロ」による「貝島炭礦鉄道1961-1964 」として出版されていたものからでした。実はこの写真集すっかり買うのを忘れてました・・。貴重な写真の数々で驚き。何度も見返しました。特に庄司(現・飯塚駐屯地)の採砂場の写真と解説が興味深かったです。石炭記念館のおいちゃんに写真集の実物を見せてもらいましたが、思った以上にしっかりしたモノで、これは早く入手せねば!と思いました。せっかくなので、何冊か置いて販売してくれればよかったのになぁ。写真集編集時には制作サイドから石炭記念館に貝島炭礦専用鉄道について色々と問い合わせがあったそうですよ。
その後、久しぶりに筑前宮田駅跡とその周辺にある貝島炭礦専用鉄道跡を探索してきました。

JR宮田線・筑前宮田駅のホーム跡。ガードレールの奥に続くモジャ地帯が線路跡。

miyada_20161123_02.jpg
miyada_20161123_03.jpg
miyada_20161123_031.jpg
miyada_20161123_032.jpg

駅の敷地は市道「勝野長井鶴線」新設ため分断されています。写真は道路からホームを見たところ。

miyada_20161123_04.jpg


新設された道路のそばに貝島炭礦専用鉄道の遺構が残ってますが、いつまで持つか分からんですねぇ。

miyada_20161123_06.jpg

↓下の写真の場所にはかつて橋台が残っていました。
miyada_20161123_05.jpg

↓これは2004年11月。六坑側の盛土から撮ったもの。
miyada_20161123_051.jpg

↓これは1997年12月。
miyada_20161123_052.jpg

六坑へ続いていた盛土は一部崩されていますが、まだ残っていました。
ここもいつか市道が通るんでしょうなぁ。

miyada_20161123_07.jpg


その先にある橋台と橋脚も残っています。

miyada_20161123_08.jpg

さらにその先の八木山川を渡っていた鉄橋の橋台も残っています。
ここにも道路橋が架かるんやろうなぁ。

miyada_20161123_09.jpg
miyada_20161123_10.jpg

来る度に少しずつ工事が進んでるような感じです。またチェックしに来ます〜。

10月23日(日)に嘉麻市熊ヶ畑で、かかし祭りとトロッコフェスタinYAMADAが開催されました。今回も行ってきましたよ。当初、子供たちも嫁氏も所用のため、久しぶりの単独参加の予定で、廃線探索もしてこようかな・・と思ってましたが、生憎の雨のため子供らのイベントが中止になり、急遽、息子氏と2人で参戦しました。娘氏は・・・お察しということで(汗)
当日は朝からハッキリしない微妙な空模様。家を出た時は雨は止んでいましたが、熊ヶ畑へ向かう途中からパラパラと・・。現地に着いたのは9時15分頃。傘をさそうか、さすまいかって程の小雨が降っていました。9時30分になってトロッコの受付へ行ってみたところ、雨のため運行を見合わせているとのこと・・。
yamatoro20161023-01.jpg


運行は雨が上がり次第とのことで、しばらく止みそうもないので、雨天決行の「かかし祭り」会場のプラレール広場へ。テントの水滴が恨めしい・・・
yamatoro20161023-02.jpg


まずは、いつもお世話になっている、プラレール広場の管理人様にご挨拶。今回も楽しませてもらいます。
その後、DML30さんも到着され、オトナも子供も一緒に線路建設!プラレールのレイアウトって、多少強引に持ってこれるところもあるけど、結構アタマ使いますよね。
yamatoro20161023-03.jpg


息子氏は何故か京成スカイライナーがお気に入り。実物は見たことないのに(笑)
yamatoro20161023-04.jpg


雨の様子を見ながら、しばらくの間、プラレールと鉄談義で盛り上がりました。11時前だったかな、ガタガタとトロッコの走る音が聞こえてきました。お客は乗っていなかったので試運転だったようです。そろそろかなぁ・・。それからしばらくしてお客を乗せたトロッコが通り過ぎて行きました。おぉ、運行開始したんだ!11時過ぎでした。急いでトロッコのりばへ向かいました。
yamatoro20161023-05.jpg


受付へ向かうと、もう長い付き合いのtimeさん一家と遭遇。なんという絶妙なタイミング。
受付のテーブルを見ると、おや?どこかで見たことある写真が・・・いつもありがとうございます(汗)
yamatoro20161023-00.jpg


先客が並んでいたので1本待って乗車。雨対策のためかシートカバーが付けられていました。
yamatoro20161023-06.jpg


AW-2のホイッスルを鳴らして出発。空は雲で覆われて、風を受けると少し肌寒い感じ。それでもみんな笑顔で乗ってます。楽しいもんね。
yamatoro20161023-07.jpg


走行中、トロッコの振動が頭のてっぺんまで響きます。
yamatoro20161023-08.jpg


いつもの所で折り返します。停目確認!
yamatoro20161023-09.jpg


毎年同じ車両に乗るので同じ構図になっちゃいますね・・(汗)
yamatoro20161023-10.jpg


トロッコの中でこのカーブが一番好きです。
yamatoro20161023-11.jpg


ホームを通り越して、いつもはトロッコ車庫の「熊ヶ畑トンネル」を通過します。
yamatoro20161023-12.jpg


トンネルを抜けると・・
yamatoro20161023-13.jpg


案山子達が見えてきました。今回も色んな事やってます(笑)
yamatoro20161023-14.jpg


そして、トロッコはいつものように熊ヶ畑駅跡手前で折り返して出発地点へ戻ります。
約8分の乗車時間ですが何度乗っても楽しいですね。

この後は、再びプラレール広場へ戻りました。息子氏は昼飯も食べずにプラレール遊びに夢中(笑) 広い所で好き勝手走らせられるのが楽しいんでしょうね。昼飯時を過ぎてもまだ遊んでて、こちらは、たいがいお腹もすいてきたので、半強制終了。
その後、昼食を調達し車内で食べ、西鉄後藤寺バスセンター跡の前を通って、平成筑豊鉄道のへいちくフェスタ2016へ行ってきました。





実は帰る直前にまた乗りました(笑) 次回もまた来ます!
yamatoro20161023-15.jpg

お盆休みソロツー@佐世保「ルート上に廃線があるのでついでに寄ってみよう」の続き。世知原線跡を追い、そのまま佐々方面へ向かって臼ノ浦線跡へ。この佐々。読みは「さざ」なんですが、現地に来るまでずっと「ささ」だと勘違いしてまして・・アストロロボ佐々・・などと、しょうもないことを考えてました。(初期のファミコンソフトでアストロロボSASAってのがあったんですよ。)

臼ノ浦線は松浦線の佐々駅から臼ノ浦駅を結んでいた典型的な盲腸線。ここも世知原線同様、運炭路線として敷設されました。1931年8月29日、佐世保鉄道により軌間762mmの軽便鉄道で開業し、その後、国有化、改軌され、世知原線と同じ1971年12月26日に廃止されました。詳細は廃線本やフリーな百科事典などを参考にしてください〜。

佐々駅を出ると、松浦線としばらく並走していたようです。昔の勝田線・篠栗線みたいな感じですね。写真の左奥が佐々駅、右中心に松浦鉄道に線路があります。双方大きくカーブして別れた所に臼ノ浦線の盛土が残っています。あとから調べたら橋台も残っているとのことだったが、この時期、遺構の奴等はすぐ隠れちゃうからなぁ(笑)
usu201608_01.jpg


大きくカーブした線路跡は道路になりますが、すぐに佐々川へぶつかります。そこには、かなり削られていますが橋台跡が残っています。
usu201608_02.jpg


こちらは対岸から佐々側の橋台を見たところ。2基ありますね。右側(下流側)の橋台は佐世保鉄道時代のもので、元々は佐々駅からではなく佐世保側から延伸開通しました。左側(上流側)は改軌と同時に分岐駅が佐々駅に変更になった際に敷設されたものです。
usu201608_03.jpg


国土変遷アーカイブで過去の空中写真を見比べると面白いです。特に米軍写真からは新線・旧線入り混じったΔ線状態っぷりが分かります。これだけでご飯3杯食べれそうな写真です(笑)
↓下の画像は1947年の米軍撮影写真(国土地理院の空中写真)をトリミング・加筆したもの。
usu201608_0000.jpg


佐世保鉄道・国鉄時代のそれぞれの橋脚が平成まで残ってたっていうんだからビックリですよね、今は橋台のみが両岸に残っています。
usu201608_04.jpg


臼ノ浦側の橋台跡。こちらは佐世保鉄道開業時のもの。軽便鉄道だったせいか、な〜んか貧弱に見える!?
usu201608_05.jpg


こちらは改軌後、廃線まで使われた橋台跡。こっちのがガッチリしてるように見える!?
usu201608_06.jpg


佐々川を渡ると堀割を進みます。
usu201608_07.jpg


掘割を通り抜けると線路跡は住宅地と道路になります。空中写真では盛土と架道橋があったようですが痕跡は分からなかった。交差点周辺の土地形状にアヤシさを感じたぐらいかなぁ。さらに進むと線路跡道路と並行道路がピッタリ並ぶ所があります。廃線跡らしい光景ですね。幸袋線跡を思いだします。写真は臼ノ浦駅方向を見たところ。左の道路が線路跡。
usu201608_08.jpg


臼ノ浦駅跡は公民館になっていますが、駅へ上る階段がそのまま流用されています。横長い階段があるだけで駅っぽい雰囲気がありますね。
usu201608_09.jpg


公民館前にある駅名標は当時のものではなく、平成20年に地元の企業が建てた復刻版のようです。空中写真を見ると線路はこの先にあった貯炭場まで続いていたようです。
usu201608_11.jpg
usu201608_10.jpg


↓臼ノ浦線跡のルートとそれぞれの写真の位置↓


本物の駅名標は役所の中に展示されていました。実は日本本土最西端訪問証明書をもらいに佐世保市役所小佐々支所を訪ねた時に偶然見かけたんですよ。もし、漁協に証明書をもらいに行ってたら見れなかった。盆休みとはいえ平日で役所が開いてたのがラッキーでした。
usu201608_12.jpg

Recent Comments

Calendar

購読する FEED